スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいシナリオ言語を考えた

一瞬見ると小説に見えるようにしてみた。まあサウンドノベル?用です。
(指)は指定系、(動)は動詞系です。

・○○
下の例文で○○と出てきた場合は画像指定である。同じフォルダの○○.jpgや○○.pngを引数として渡す。なお、○○.jpgと○○.pngが両方ある場合、○○.jpgを優先する。

・◆◆
下の例文で◆◆と出てきた場合は、前に「前にいる人の指定」文で指定した名前。

・背景画像指定(指)
初回は「ここは○○である。」「ここは○○だ。」で背景画像を指定できる。

初回以降は「場面変わって○○。」で指定する。

・前にいる人の指定(指)
初回、初回以降問わず、「前には○○がいる。」で指定する。この場合同じフォルダの○○.jpgや○○.pngを参照される。

・前にいる人の所持するアイテムの指定(指)
「前には…」文の後に動詞系がない場合「◆◆は○○を持っている」で指定する。

・喋る(動)
「◆◆は「▽▽」と言った。」と書く。

・アイテムを出す(指)
「◆◆は○○を出した。」と書く。
スポンサーサイト

<< MMS(Mr.Minecraft Sing)のメモ | ホーム | 思い付き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。